間違いなし!「医師が健康のために食べている食材」が体に与える影響

毎日、トマトを食べるべし。。。

堂々の一位はトマト!その効果とは

ランキングのトップに輝いたのは、今が旬のトマトです。トマトの赤色はリコピンという成分で、このリコピンは活性酸素を打ち消す働きを持つファイトケミカルの一種です。その中でも、ひときわ高い抗酸化力を持つことで知られています。

病気や老化の原因になるとされている活性酸素ですが、特に現代人はストレス、食品添加物、残留農薬、電磁波、放射能など体内で活性酸素が発生しやすい環境に身を置いています。そういった意味からも、ファイトケミカルは積極的にとりたい成分です。リコピンは油で吸収がアップするため、炒めたり、ドレッシングの代わりにオリーブオイルをかけたりするのも賢い食べ方といえます。

しかも、トマトには他にも抗酸化力を持つビタミンA、C、Eが含まれています。トマトジュースで手軽にとっていると答えた医師もいましたが、それも良い方法です。


詳しくはこちらのページをご覧ください。
記事URL : http://jijico.mbp-japan.com/2015/07/12/articles18090.html